傷病手当金

傷病手当金とは、健康保険の被保険者が(国民健康保険には原則としてこの制度の適用がありません)病気やけがのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。なお、任意継続被保険者の方は、傷病手当金は支給されませんが、一般保険者の時期に傷病手当金を受給し、途中任意継続被保険者となった場合については、支給事由が消滅しない限り、そのまま受け続けられます。

※資格喪失日の前日(退職日等)まで被保険者期間が継続して1年以上あり、資格喪失日の前日に、現に傷病手当を受けているか、受けられる条件を満たしていれば、資格喪失後引き続き支給を受けることができます。ただし、一旦仕事に就くことができる状態になった後に、再び仕事に就くことができない状態になっても傷病手当金は支給されません。

 

◎ 支給額
待機完成後(無給の状態で仕事を連続して休んだ4日目以降)の休職日より1 日につき標準報酬日額の3 分の2に相当する額が支給されます。

◎ 支給期間
支給開始した日より最長1 年6 ヶ月

◎ 支給要件
次のすべてに該当すること。
① 業務外の事由による病気やけがの療養のための休業であること。給付の対象外の疾病(美容整形など)は該当しない。
② 仕事に就くことが出来ないこと。
③ 連続する3 日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと。
④ 給料が支給されていないこと。
 たとえ支給されていても、その額が傷病手当金の額より少ないときはその差額が支給されます。

◎ 手続きの方法
傷病手当金請求書(様式)を所轄の全国健康保険協会(協会けんぽ)各支部、健康保険組合などから取り寄せ、事業主の証明と医師の意見をつけて申請します。