出産育児一時金

医療保険の加入者が、妊娠4ヶ月(85日)以降で分娩した場合(死産、流産、人工妊娠中絶含 む)、一児毎に42万円が支給されます。(産科医療補償制度に加入する病院などにおいて出産した場合に限ります。それ以外の場合は39万円、平成27年1月1日以降の出産は40.4万円となります。)
原則として加入の医療保険者から病院などに直接支払われる「直接支払い方式」です。詳しくは医療保険者もしくは医療機関へお問い合わせください。

 

出産費貸付制度

出産一時金の支払いが見込まれる方に、医療機関などへの支払いに充てるための資金を無利子で貸し付けてくれる制度です。この制度を利用した場合は、出産育児一時金の直接支払い制度もしくは受取代理制度は利用できません。
貸付金額は医療保険者によって違いがありますので、加入の保険者へ確認してください。
対象は出産予定日まで1ヶ月以内の方、妊娠4ヶ月以上で医療機関に支払いが必要になった方です。
返済は後で給付される出産育児一時金と相殺され、差額が給付されます。

詳しくは医療保険者(国民健康保険の場合→市役所国民健康保険課 勤務先の健康保険の場合→全国健康保険協会各支部または健康保険組合)もしくは医療機関へお問い合わせください。